2023年12月22日金曜日

残念な人の思考法 山崎将志著

 本を読んだ後に、読後画像を制作しています。


「残念な人の思考法」 山崎将志著


2018年にタイトルに惹かれて読みました。

なるほど、こういう考えもあるんだ、という本でした。



「残念な人の思考法」 山崎将志著



やる気も能力もあるのに、仕事がうまくいかないのはなぜ?日常の「残念」な例をもとに、日々の仕事に応用できるプライオリティ思考法のヒントを紹介。


①残念な人はつくられる
●「使えないシステム」の陰に「使えない人間」がいる
●システム化 ✕「思考停止」=残念なトラブル

②二流は掛け算で考え、一流は割り算で考える
●労働力を投入すること=仕事でない
●普通の人が頑張ればできる「仕組み」が大切
●二流は積み上げ式で考え、一流は市場全体化から考える。

③残念な人は「塗り絵」ができない
●「会うと得する」人は誰も断れない
●仕事は「塗り絵」で考えよ=自分が決める
●仕事において「図々しさ」は善である
●機会に集中せよ

④機能だけを磨いても二階には上がれない
●共有すべきは「考え方」と「前提条件」
●上司視点で考える。仕事は年下に頼む。

⑤人生を残念にしないためのプライオリティ
●やりたいことは「やりたくないこと」から見えてくる。
●目標を「紙に書く」
●意識改革はしなくていい
●「好き」の反対は「無関心」である



ビジネスコンサルタント 山崎将志氏


山崎将志(やまざきまさし 1971年愛知県岡崎市生まれー)は、ビジネスコンサルタント、株式会社アジルパートナーズ代表取締役社長、株式会社知識工房代表取締役社長。1971年愛知県岡崎市生まれ。1994年東京大学経済学部経営学科卒。








0 件のコメント:

コメントを投稿

夏・蓮浮葉(はすうきは)

写真家の浅井慎平氏が提唱している、「Haikugraphy」とは、写真と俳句を一つにして表現した、「写句」です。 夏・蓮浮葉(はすうきは ) 7月に詠んだ、写句1句。 2017/07/12に詠んだ句です 蓮浮葉(はすうきは) 息をのみ現し世覗く蓮浮葉 初夏の日、鎌倉鶴岡八幡宮の源...