2023年11月25日土曜日

いろいろあった人へ 伊集院静著

 

本を読んだ後に、読後画像を制作しています。


「いろいろあった人へ」 伊集院静著


私の好きな作家、伊集院静氏が、昨日24日死去されました。73才。

氏の人生の考え方に共感し、何冊かのエッセイを愛読していました。

非常に残念です。


伊集院静氏は、「最期まで自分の生き方を貫き通した人」という印象です。


2018年に読んだ、「いろいろあった人へ」の読後画像です。


「いろいろあった人へ」 伊集院静著


●伊集院静氏の言葉


私は、これまでの

短い人生で、

多くの人との別離を

経験してきた。

それでも歳月は、

私に、

彼等、彼女たちの

まぶしい姿を、

ふとした時に

見せてくれる。


人は別れることで

何かを得る。


哀しみにもやがて

終わりがくるのだ。



作詞家 作家 伊集院静氏


伊集院 静(いじゅういん しずか、1950年〈昭和25年〉2月9日 - 2023年(令和5年)11月24日)は、日本の作家、作詞家。伊集院静は作家としてのペンネームである。作詞家としての筆名は伊達 歩(だて あゆみ)。1950年生まれ、山口県防府市出身の在日韓国人2世である。出生当時の氏名は「趙 忠來」(チョ・チュンレ、ハングル表記では조충래)であったが、日本に帰化した際、西山 忠来(にしやま ただき)に変えた。山口県立防府高等学校、立教大学文学部日本文学科卒業。

受賞歴
1991年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞
1992年『受け月』で第107回直木賞
1994年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞
2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞
2014年『ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石』で第18回司馬遼太郎賞
2016年 紫綬褒章
2021年 第50回 ベストドレッサー賞 学術・文化部門


謹んでご冥福をお祈りいたします。








0 件のコメント:

コメントを投稿

夏・蓮浮葉(はすうきは)

写真家の浅井慎平氏が提唱している、「Haikugraphy」とは、写真と俳句を一つにして表現した、「写句」です。 夏・蓮浮葉(はすうきは ) 7月に詠んだ、写句1句。 2017/07/12に詠んだ句です 蓮浮葉(はすうきは) 息をのみ現し世覗く蓮浮葉 初夏の日、鎌倉鶴岡八幡宮の源...