2023年5月14日日曜日

最高の「連続大河エッセー」十字路が見える

 

私が気に入った新聞コラム・本ナビ


『完全版 十字路が見える』(全4巻)北方謙三著

最高の「連続大河エッセー」 学習院大教授、中条省平氏


『完全版 十字路が見える』(全4巻)


開高健以来、日本文学の得た最高のエッセー集の紹介コラムです。

紹介者は、学習院大教授、中条省平氏

映画評論家もやられている、近現代の日本文学・ジャズ・映画・漫画などにも造詣が深い、フランス文学者の視点でみた紹介です。

北方謙三氏の連続大河エッセー、読んでみたい本ですね。これからじっくり読みます。


作家 北方謙三氏


『完全版 十字路が見える』(全4巻)北方謙三著 中条省平
最高の「連続大河エッセー」

ここ3カ月、1日数編までと定めて、極上の美酒を舐(な)めるように、この4巻のエッセー集を読んできた。最終巻が終わって、いいようのない空虚さに襲われている。人生の兄貴と仰いだ人が、いきなりふいと姿を消してしまったような、それは深い喪失感なのだ。

『十字路が見える』は、開高健以来、日本文学の得た最高のエッセー集だと私は信じている。

北方謙三という稀有(けう)の個性が、その天職である小説的虚構を脇に置いて、自分の人生の過去と現在をじかに語っているのだ。

まずは散歩の話題から始まる。日常の息抜きの話だ。ところがこれがすでにスリリングな深みを湛(たた)えている。同行する犬という友へのまなざし。柔道の試合で投げ飛ばされた50年前のトラウマの記憶。老いを迎えた現在の肉体への意識。

そして、いきなりくり出される「君」という読者への語りかけ。この「君」にがつんとやられた。読者はまるで自分だけに北方謙三が人生の秘奥を語ってくれているように思えてしまうのである。

この連続大河エッセーを書いたとき、作者は66歳から74歳だった。読者の私は7歳下。見事にはまってしまった。

それにしても、ここにくり広げられる話題の豊かさはどうだろう。世界各地の旅や、三浦半島の海辺に基地をもち、そこから船を出すトローリングや深海釣り、そして、釣った獲物をあらゆる技を用いて食らう話。外車も暴走させる。さらに、ナイフを研ぎ、パイプを作り、万年筆に凝る話などは、開高健の塁を摩する。いや、開高流の美文で装わないぶん、散文本来の剛直な力強さにしびれる。


病気やけが、毒に居合抜きに喧嘩(けんか)の話も凄まじい。

人物描写も多彩で、大沢新宿鮫(在昌)など絶妙の喜劇的脇役だし、宍戸錠を語った1章は最上の肖像画として残る。人の死をこんなにさらりと語って、余韻嫋々(じょうじょう)の書物も稀(まれ)である。


学習院大教授 中条省平氏

中条 省平(ちゅうじょう しょうへい、1954年11月23日 - )は、日本のフランス文学者、映画評論家・研究者。学習院大学文学部フランス語圏文化学科教授・同大学院人文科学研究科身体表象文化学専攻教授(兼任)。研究分野は19世紀のフランス小説(特に暗黒文学)だが、近現代の日本文学・ジャズ・映画・漫画などに造詣が深く、其々の研究・評論活動にも携わる。








0 件のコメント:

コメントを投稿

夏・蓮浮葉(はすうきは)

写真家の浅井慎平氏が提唱している、「Haikugraphy」とは、写真と俳句を一つにして表現した、「写句」です。 夏・蓮浮葉(はすうきは ) 7月に詠んだ、写句1句。 2017/07/12に詠んだ句です 蓮浮葉(はすうきは) 息をのみ現し世覗く蓮浮葉 初夏の日、鎌倉鶴岡八幡宮の源...