2024年6月28日金曜日

1966年の歌とシンガーBEST30

 

1966年の歌とシンガーBEST30

引き続き1966年の歌を調べています。

画像は当時のレコードジャケットのデザインのまとめです。



1966年の歌とシンガーBEST30




1966年の歌とシンガー30曲


1.悲しい酒 美空ひばり

2.涙の連絡船 都はるみ

3.絶唱 舟木一夫

4.ほんきかしら 島倉千代子

5.兄弟仁義 北島三郎

6.函館の女 北島三郎

7.いっぽんどっこの唄 水前寺清子

8.柳ケ瀬ブルース 美川憲一

9.ラブユー東京 黒沢明とロス・プリモス

10.星影のワルツ 千昌夫

11.唐獅子牡丹 高倉健

12.骨まで愛して 城卓矢

13.恍惚のブルース 青江三奈

14.霧氷 橋幸夫

15.女のためいき 森進一

16.君といつまでも 加山雄三

17.お嫁においで 加山雄三

18.思い出の渚 ザ・ワイルド・ワンズ

19.星のフラメンコ 西郷輝彦

20.恋のフーガ ザ・ピーナッツ

21.逢いたくて逢いたくて 園まり

22.霧の摩周湖 布施明

23.雨の中の二人 橋幸夫

24.こまっちゃうナ 山本リンダ

25.二人の銀座 山内賢&和泉雅子

26.バラが咲いた マイク真木

27.いつまでもいつまでも ザ・サベージ

28.夕陽が泣いている ザ・スパイダーズ

29.空に星があるように 荒木一郎

30.若者たち ザ・ブロードサイド・フォー




私の記憶に残る1966年ベスト5のジャケットデザイン



星のフラメンコ 西郷輝彦



逢いたくて逢いたくて 園まり



霧の摩周湖 布施明



空に星があるように 荒木一郎



悲しい酒 美空ひばり



記憶に残る1966年ベスト5


星のフラメンコ 西郷輝彦

逢いたくて逢いたくて 園まり

霧の摩周湖 布施明

空に星があるように 荒木一郎

悲しい酒 美空ひばり



私が16歳の時のアルバムです。

懐かしいですね。








0 件のコメント:

コメントを投稿

短歌 長谷寺(はせでら)

  短歌 長谷寺 (はせでら) 2016年の初夏に鎌倉長谷寺(はせでら)を 訪れた時の1首です。 長谷の寺アジサイ花は騒がしく仏の像に身心静なる 長谷寺 アジサイの花で有名な長谷寺 アジサイロード脇の観音ミュージアムは、外の賑わいを隔絶して仏像の数々が光の中に佇んでいました。 長...