2023年1月20日金曜日

帷子川の、早春の「花と実」

 

帷子川の、

早春の「花と実」

紅梅、素芯蠟梅、白梅、寒木瓜、梔子、クロガネモチ、橘もどき



12月から実をつける梔子


寒木瓜


寒木瓜


散策路公園の寒木瓜


●寒木瓜の花
ボケ(木瓜)は、春に赤や白の花を咲かせる花木で、平安時代の頃から日本人に親しまれています。3~5月に赤、白、ピンク、オレンジの花を咲かせますが、11月頃から花が咲き始めるものもあり、春に咲くものと区別して「寒木瓜」と呼ばれています。また、花後の9~10月には青い実をつけます。実は香りがよく、果実酒やジャムが作って楽しむことができます。花言葉は、「平凡」「退屈」「早熟」「熱情」。



白梅


白梅


散策路公園の素芯蠟梅


素芯蠟梅


素芯蠟梅


紅梅


散策路公園の紅梅


クロガネモチ


橘もどき


そろそろ、他の場所でも、色々と咲き始めました。








0 件のコメント:

コメントを投稿

夏・蓮浮葉(はすうきは)

写真家の浅井慎平氏が提唱している、「Haikugraphy」とは、写真と俳句を一つにして表現した、「写句」です。 夏・蓮浮葉(はすうきは ) 7月に詠んだ、写句1句。 2017/07/12に詠んだ句です 蓮浮葉(はすうきは) 息をのみ現し世覗く蓮浮葉 初夏の日、鎌倉鶴岡八幡宮の源...