2023年2月16日木曜日

冬に残された「烏瓜の実」

 

私の好きな、カラスウリの実

秋につける「烏瓜の実」が、この冬に1個だけ残されていました。

ウリ科の植物で朱色の果実です。


冬に残された「烏瓜の実」

「烏瓜の実」は秋の季語、

一方、夜だけ開く花、白い「烏瓜の花」は夏の季語です。

花言葉は、「よき便り」「誠実」。


ぶら下がる烏瓜の実

一個だけつるにぶら下がっている様は、何となく風情があり、

思わずシャッターを切ってしまいました。


なんとなく風情のある烏瓜の実

いいですね・・。

この夏も、是非白い「烏瓜の花」も撮影したいと思っています。


■カラスウリ(烏瓜)はウリ科の植物で、つる性の多年草。朱色の果実と、夜間だけ開く花で知られています。葉はハート型で表面は短い毛で覆われています。雌雄異株で、ひとつの株には雄花か雌花かのいずれかのみがつきます。花期は夏で、7月〜9月にかけての日没後から開花します。花弁は白色で主に5弁(4弁、6弁もある)で、やや後部に反り返り、縁部が無数の白く細いひも状になって伸び、直径7〜10cm程度の網あるいはレース状に広がります。朱色の果実と、夜間だけ開く花。「烏瓜の実」が秋の季語、「烏瓜の花」が夏の季語です。花言葉は、「よき便り」「誠実」。開花時期は7月~8月。






0 件のコメント:

コメントを投稿

夏・蓮浮葉(はすうきは)

写真家の浅井慎平氏が提唱している、「Haikugraphy」とは、写真と俳句を一つにして表現した、「写句」です。 夏・蓮浮葉(はすうきは ) 7月に詠んだ、写句1句。 2017/07/12に詠んだ句です 蓮浮葉(はすうきは) 息をのみ現し世覗く蓮浮葉 初夏の日、鎌倉鶴岡八幡宮の源...