2023年2月9日木曜日

2月の浄智寺を訪れました

コロナ禍自粛を解禁して「鎌倉寺社探訪」再開です。


6日の晴天の日、2月の浄智寺を訪れました

私の好きな寺院のひとつです。


茅葺屋根の方丈・客殿(書院)に囲まれた中庭の風景・・・

山深い境内、古都の情緒あふれる境内は、相変わらず良かったです。


鎌倉五山第四位 金宝山 臨済宗円覚寺派 浄智寺。

弘安4年(1281年)創建、臨済宗円覚寺派。

開基は北条時頼の三男、北条宗政夫人。



浄智寺山門 左に鎌倉十井の一つ甘露の井


浄智寺山門から、鐘楼門への石階段

この石階段はなんともいいです。


本堂・仏殿横の白梅


浄智寺本堂・仏殿(曇下殿)


本堂・仏殿にまつられる木造三世仏座像


方丈・客殿(書院)、中庭の風景


2015年6月に初めて訪れた浄智寺は、静寂に包まれた、古都の情緒あふれる境内が素晴らしかったです。

なかでも、方丈・客殿(書院)の中庭に魅了されました。

何故か一目見て、気に入ってしまい、それからというもの毎年季節ごとに訪れ、中庭を撮影しています。

不思議なことに飽きません。この中庭の情景が気に入り、Weblogサイトの鎌倉寺社探訪も、Facebookの背景も、この方丈・客殿(書院)の中庭にしています。



方丈・客殿(書院)、前庭の風景


今回初めて発見した、石塚。夏は木々草花で見えなかった。


中庭の「心たがやす」の石塚


中庭の「雲のどか」の石塚


中庭の石仏


浄智寺裏側にある、井戸、やぐら、布袋尊。
時々、かわいい猫もいます。


甘露の井と同じ水が出る井戸


書院奥のやぐら


隊道を抜けた洞窟の鎌倉七福神のひとつ布袋尊


鎌倉七福神のひとつ布袋尊


布袋尊を降りると、方丈・客殿(書院)の入り口です。


浄智寺方丈・客殿(書院)


私の好きな風景・・書院から中庭を望む。季節ごとに風情が変わります。


書院から中庭を望む


浄智寺裏門側からの風景


書院前の茶室


裏門から見た茶室


裏門を抜け、山門に戻りました。


浄智寺裏門


浄智寺山門


山門前の石橋


久しぶりの浄智寺、良かったです。
今年はあと何回か、季節ごとに訪れたいと思っています。








0 件のコメント:

コメントを投稿

夏・蓮浮葉(はすうきは)

写真家の浅井慎平氏が提唱している、「Haikugraphy」とは、写真と俳句を一つにして表現した、「写句」です。 夏・蓮浮葉(はすうきは ) 7月に詠んだ、写句1句。 2017/07/12に詠んだ句です 蓮浮葉(はすうきは) 息をのみ現し世覗く蓮浮葉 初夏の日、鎌倉鶴岡八幡宮の源...